第32回水野隆一「バッハの宗教音楽に聴く死」

2012年7月23日 第32回目「バッハの宗教音楽に聴く死」
水野隆一(関西学院大学教授)

Ryuichi Mizuno 1963年大阪生。関西学院大学大学院神学研究科博士課程前期課程修了(神学修士),南メソジスト大学パーキンス神学院(アメリカテキサス州ダラス)修了(M.T.S. cum laude)。日本基督教団東梅田教会担任教師,関西学院大学神学部助手,同専任講師,同助教授を経て,関西学院大学神学研究科教授,神学部長。関西学院聖歌隊隊長,常任指揮者。日本基督教団讃美歌委員会委員長。
著書 『アブラハム物語を読む―文芸批評的アプローチ』(関西学院大学研究叢書115編。新教出版社 2006年)、「ヨセフ物語(創世記37~50章)」(『新共同訳聖書註解 旧約聖書・旧約続編I』日本キリスト教団出版局 1996年),「エズラ記」「ネヘミヤ記」「雅歌」(『新共同訳旧約聖書略解』日本キリスト教団出版局)。『キリスト教平和学事典』(共 教文館 2009年)。
訳書 マークAスロントヴァイト著『現代聖書註解 エズラ記 ネヘ
  ミヤ記』,ロバートWジェンソン著『現代聖書注解雅歌』,『世界の礼拝―シンフォニアエキュメニカ式文集』(共訳)(日本キリスト
  教団出版局)等多数。

32バッハの宗教音楽に聴く死

カテゴリー: 過去の講座   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing