エンディングを豊かに

エンディング

神戸新聞会館における連続講座

キリスト教の弔い―現代問われている死生観

本講座は,神戸新聞文化センター主催です。講師謝礼,金額について はKCCが全額講師に支払います。神戸国際支縁機構は一切,手数料はじ め,交通費もいただかずに,講師紹介に仕えて,60回以上になります。 謝礼には,薄謝で恐縮です。受講生が15名以下の場合,7,00円,15名 以上で,1万円とスライド制になっています。 2015春チラシ 20141024聖書講座告知 20141005秋の講座   2014エンディング③秋 第二月曜日午後6時半~7時半  ミント神戸17階 8月10日 74 森田美芽(池田) 大阪キリスト教短期大学学長 「いかにしてエンディングにたどり着くか~老後は人生の決算期~」 7月13日 73 久松英二  龍谷大学教授 「東方のマリア」 6月8日   72 金 守良  神戸朝日病院院長 「震災死から免れた」 5月11日  71 林 伯耀  日中友好協会代表 「花岡事件の顛末」 4月13日  70 ロニー・アレキサンダー  神戸大学教授 「ポーポキ,エンディングって,なに色?」   3月9日  69 ビスカルド篤子 カトリック大阪教区社会活動センター シナピス 難民鎖国 2月9日  68 大田正紀  梅花短期大学名誉教授 死に沈む現代 村上春樹に問う 1月12日  67 横山豊宥 無障金剛院 死んでなんぼや 2015年 12月8日  66 小森陽一 東京大学大学院教授 死者の声―文学で問う 11月10日 65 市川康則 神戸バイブル・ハウス理事 天国から見守る 10月13日 64 森田美芽  大阪キリスト教短期大学学長 いかにしてエンディングにたどり着くか―老後は人生の決算期 9月8日  63 中村仁一  社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長 大往生したければ医者とかかわるな 8月11日  62 笠井惠二  中部学院大学教授 葬式は要らない 7月14日  61 樋口 進   関西学院大学教授 動物の死と人間の死の違い 6月9日   60 金子 昭   天理大学教授 どんな墓にするか 5月12日   59 手島勲矢 なぜ人は死を語るのか ― 言葉の死生学 ― 4月14日  58 関本雅子 関本クリニック院長 家で看取ることについて 2014年度春講座 3月10日   57 宮本要太郎 関西大学教授 とむらいの備え ―散骨についても考える― 2月10日   56 中山敬一郎 司法書士 遺言,相続 何を書いておくべきか 1月13日   55 北村敏泰  ジャーナリスト 大往生するには 2013年度冬講座 20140923秋の告知 20140405エンディング春 ホームページ更新が手間取り,ご迷惑をかけました。 2014年1月13日,第55回目の「『死』を考える」講座は,北村敏泰氏が「大往生」の主題で,聴衆にだれしもが備えなければならないエンディング・ノートなどについて含蓄あるお話しをしてくださいました。 毎月,第二月曜日午後6時半から継続していますので,いらしてください。 2014エンディング②春 2014エンディング①冬  

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing